図解でわかるクリエイティブとマーケティング

【目指せ月収5万円】未経験から動画編集の仕事を取るための完全ロードマップ【副業・フリーランス】

【目指せ月収5万円】未経験から動画編集の仕事を取るための完全ロードマップ【副業・フリーランス】

あわ丸

動画編集の仕事をしたいんだけど何から始めればいいんだろう。

フリーランスや副業で動画編集を仕事にしたい方向けに、まずは月5万円を稼ぐための方法を解説します。

この記事で得られることは次の通りです。

・未経験からでも動画編集で稼げる方法がわかる

・動画編集のスキルを磨きながら仕事を得られる方法がわかる

・継続的に仕事を得るための方法がわかる

こんにちは!umuco(@umuco_digital )です。

動画編集の需要は年々増えています

基本がわかっていればできる仕事や、スキルアップにあわせて高単価な仕事まで幅広く求められています。

先の見えない時代ですので、安心して生きていくためにも副業や複業はスタンダード。
自由度の高いフリーランスを選択する人も増えています。

動画スキルを磨きつつ、まずは月5万円を得て将来について考えるきっかけにしてみてください。

【月収5万円】動画編集ロードマップの流れ

【目指せ月収5万円】未経験から動画編集の仕事を取るための完全ロードマップ【副業・フリーランス】

STEP.1
ソフトを選ぶ
まずは動画編集ソフトを選ぶ。

Adobe Premiere Pro、After Effectsがおすすめ。

STEP.2
基礎を学ぶ
  動画編集の基礎スキルを身につける。

ソフトの基本操作・テロップ入れ・カット編集・データの取り扱い方 など

STEP.3
仕事を始める
クラウドソーシングで仕事を開始。
STEP.4
仕事量と単価を上げる
動画編集の仕事を増やしたり、1本あたりの単価を上げるために必要な知識や実績を積む。

それでは詳しく解説していきます。

1:ソフトを選ぶ/仕事の需要がある動画編集ソフトを選ぼう

まずは動画編集のソフトを選びます。

ソフト選びのポイント

【目指せ月収5万円】未経験から動画編集の仕事を取るための完全ロードマップ【副業・フリーランス】

・学ぶための情報(本、サイト、Youtubeチュートリアル)が多いもの

・動画編集の案件で指定されているソフト

初心者の場合、初めはクラウドソーシングなどで仕事を受注することになります。

ほとんどの場合、動画編集の案件の詳細欄に使用するソフトの指定があります。

基本的に必要なソフト Adobe Premiere Pro

あると仕事の幅が増えるソフト Adobe After Effects

ほぼ、この2つの記載があります。(iMovie、Final Cut Pro、その他動画編集ソフトはほぼ記載なし)

どんな案件があるか、無料登録してチェックしてみましょう

Premiere ProとAfter Effectsは本や学習サイトも充実しているので、選んでおけばまず間違いないソフトです。

Adobe Creative Cloudコンプリートプランをお得に入手する方法(半額)

Adobe Creative Cloud

Adobeソフトはそれぞれ月額制のライセンスを購入して使用します。

Adobeのソフトが全て使えるコンプリートプランであれば、単体よりも割安で使用できます。

Youtube案件の場合、サムネイルのデザインができると優遇されることもあるので、PhotoshopやIllustratorなどデザインソフトも含まれているコンプリートプランが断然おすすめです。

adobe creative cloud【Adobe Creative Cloud】コンプリートプランがおすすめな理由【評価&安く買う方法】

Adobe Creative Cloudコンプリートプランの価格

月々プラン月払い 8,980円/月〈12ヶ月ライセンス〉

年間プラン月払い 5,680円/月 〈12ヶ月ライセンス〉

年間プラン一括払い 65,760円/年〈12ヶ月ライセンス〉→半額入手の方法あり

半額で入手する方法は次のステップで解説します。

2:動画編集の基礎を学ぶ/仕事を最短で得られる学び方

【目指せ月収5万円】未経験から動画編集の仕事を取るための完全ロードマップ【副業・フリーランス】

動画の基礎を学ぶ方法は独学とスクールの2つあります。

独学とスクールのメリット・デメリット

〈独学のメリット〉

・自分のペースで学べる

・ローコストで始められる

・能動的に学べる

 

〈独学のデメリット〉

・教材探しに少し時間がかかる

・何が理解していないかを自覚しにくい

・スキルに偏りが出やすい

〈スクールのメリット〉

・比較的安価で基礎をしっかり学べる

・Adobeのソフトを12ヶ月間無料で使用できる

・仕事を紹介してもらえることがある

 

〈スクールのデメリット〉

・独学よりは費用がかかる

おすすめのオンラインスクール

動画編集を仕事にしたいのであれば、仕事の紹介にも対応していて、ソフトを12ヶ月無料で使えるオンラインスクールの受講がおすすめです。

おすすめは1ヶ月で学べるデジハリオンラインスクール

Adobeが公式に認定している数少ないプラチナパートナースクールで、1年間約無料でコンプリートプランを使用できます

オンラインスクール受講料 + クリエイティブクラウド1年間の使用料金を合わせて、通常料金の約半額程度!

すでにスキルがある人でも、Adobeクリエイティブクラウド12ヶ月ライセンスを定価の半額で使うために利用していることもあります。

独学の場合、年間ライセンスが65,760円かかるので、オンラインスクールを利用して39,980円で使わない手はないと思います。

(動画学習なので、時間の自由度も高くおすすめ)

動画だけでなくデザインソフトの基礎も学べ、受講期間を終えてもライセンスは継続して使えます。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

デジハリオンライン【Adobe1年無料】5分で開始!デジハリオンラインで動画&デザインを学ぶ方法 【仕事の紹介あり】

独学におすすめの本とサイトはこちら。

動画独学本&サイト【動画編集独学】短期間で身につく!動画編集を勉強できる本&サイト8選

3:仕事を開始/クラウドソーシングなどで仕事を始める

【目指せ月収5万円】未経験から動画編集の仕事を取るための完全ロードマップ【副業・フリーランス】

初心者でもできる動画編集の仕事の始め方は主に次の3点です。

・クラウドソーシングで仕事を探す

・スキル販売で依頼主を募集する

・SNS、Youtubeでの配信による集客・広告収入

クラウドソーシング

クラウドソーシングで動画編集の仕事を探すことができます。

未経験者初心者OKの仕事もあるので、無料登録してリサーチしておきましょう。

スキル販売

オンラインでやりとりが完結するスキルマーケット

ココナラ

無料会員登録することで、動画編集のスキルを生かした仕事を募集することができます。

とにかくやりとりがシンプルで、スキルやサービスの出品が簡単なので幅広いジャンルの方が利用しています。

SNS、Youtubeなどでの配信による集客・広告収入

SNSやYoutubeでファンを増やして影響力を高めることで、仕事の依頼やスポンサーを獲得することができます。

発信力が高まると、独自のコンテンツやノウハウなどの販売もできるようになります。

SNSやYoutubeでの収益化は時間が掛かりますが、継続することで固定ファンを獲得しやすくなります。

仕事に有利なポートフォリオを作成しよう!

クラウドソーシングなどで仕事を探す際に、過去の作例を見せることがあります。

スキルを販売する場合でも、依頼主がサンプルを見て判断できるように作例をつくっておくと有利です。

・自分がやりたい仕事のイメージが伝わるサンプル動画をつくる

・クラウドソーシングで募集のある仕事に近いサンプル動画をつくる

・個人からのニーズが多い動画のサンプルをつくる(ウェディングムービー、Youtube系、セミナーテロップ系)

具体的にはyoutubeのチャンネルを開設して作品をアップする、ポートフォリオサイトをつくるなどが有効です。

参考【初心者でも1日でできる】おしゃれなホームページのつくり方!わかりやすく解説

4:仕事量と単価を上げる/動画編集の収入をアップする

動画編集の仕事を増やして単価を上げるには次の要素が重要になります。

【目指せ月収5万円】未経験から動画編集の仕事を取るための完全ロードマップ【副業・フリーランス】

・スキルの幅とクオリティ

・経験値、実績(作品や過去の仕事の実績)

・動画編集や映像関連の人脈や情報

・ネットでの発信力とブランディング力

スキルの幅&クオリティUP

スキルの幅を広げクオリティを上げるには、とにかくチュートリアルをたくさん実践することです。

チュートリアルで学べるサイト、Youtubeなどで身につけたいスキルを実際にこなしていきましょう。

参考 【動画編集独学】短期間で身につく!動画編集を勉強できる本&サイト8選

作例も増やせるようになるので、ぜひ沢山挑戦してみてください。

経験値、実績

つくった作品はもちろん、過去の仕事で行なった編集も(依頼主の許可が出るようであれば)ポートフォリオに追加しましょう。

はじめのうちは作品づくりの一環として、知人やネットで呼びかけ無料で動画コンテンツを制作するのもおすすめです。

動画編集や映像関連の人脈

実際のつながりが難しかったとしても、SNSなどで動画関連のクリエイターとつながっておくと有益な情報が入りやすくなります。

チャンスがあれば動画編集の仕事の募集などを行なっている人もいるので、情報に敏感になりましょう。

発信力とブランド力

マーケティングの知識を身につけることで、より影響力を高めやすくなります。

直接仕事の依頼を受けることができるのでおすすめです。

マーケティングの基礎やブランディングについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

Webマーケティング【保存版】初心者のための「やさしいWebマーケティング」シリーズ完全解説【まとめ】

【まとめ】まずはこれからやってみよう

今回解説した内容をぜひ実行に移してください。

まだわからないことがあって不安かもしれませんが、始めることで必要な情報や具体的な方法がわかってきます。

まずは、動画編集スキルを身につける準備をしてください。

1:ソフトの入手(オンラインスクールだと実質半額

2:クラウドソーシングで案件を無料登録してリサーチ

それだけでも、動画編集を仕事にするための具体的なイメージが掴めるようになってきます。

その上で基礎を身につけて、求人応募やスキル販売へと進んでみてください。

少しでも参考になったと思ったら、シェアしてね!

うむ子

つく蔵

記事のリンクも大歓迎です!

おすすめの記事

【5年で1億稼いだフリーランスが教える】収入安定&年収UPに役立つ8つのスキル徹底解説【5年で1億稼いだフリーランスが教える】収入安定&年収UPに役立った8つのスキル徹底解説