図解でわかるクリエイティブとマーケティング

【図解・まとめ】SEOとは?超初心者のためのSEOの始めかたガイド

SEOまとめ記事

あわ丸

SEOに興味があるけど、何から始めればいいんだろう?

自分にもできるかな。

そんな方に向けて、SEOについてゼロからわかりやすく解説します。

SEOに関する情報をこの記事に随時アップしていく予定です。興味のある方はブックマークにぜひ!

こんにちは!umuco@umuco_digital )です。

SEOは広範囲にわたる知識や作業が必要で奥が深いものです。

初心者がSEOを始める際のポイントは次の3つ。

・まずは最低限必要なSEOの基本を押さえる

・あとはひとつひとつ順番にサイトやブログを改良していく

・アクセス解析は登録&設定だけ済ませてサイトを運営しながら覚えていく

一気に全てやろうとすると、作業量的にかなりハードだと思いますので、ひとつひとつ理解しながら徐々に取り組んでいくことをおおすすめします。

それでは解説していきたいと思います。

SEOとは

SEOとは、検索の上位表示を目指すための手法。

Search Engine Optimization(サーチエンジンオプティマイゼーション)の略

SEO=「検索エンジン最適化」という意味です。

検索エンジンの仕組み

SEOの仕組み

Googleなどで検索した場合、関連性の高いWebページが検索結果に表示されます。

その順位は検索エンジンのアルゴリズム(ルール/計算式)によって決まります。

検索の上位表示を目指すために、検索エンジンのアルゴリズムに適したサイト構成やライティングを行うことをSEOと言います。

検索の仕組みSEO

検索エンジンの主な評価基準

毎年数回アップデートを行うGoogleのアルゴリズムですが、基本的に重視している評価基準があります。

評価基準SEO

SEOの目的

検索での上位表示をねらい、サイトへの集客や収益化を目指すために取り入れられています。

SEOの効果

SEO対策による効果があらわれるまでに、最低2、3ヶ月かかると言われています。

Googleなどの検索エンジンが、サイトやブログなどの質や提供を判断し、関連する検索キーワードの検索結果に表示するまでには時間がかかります。

つく蔵

ブログなどでは内容にもよるけれど100記事を目安に、サイトの評価が上がり上位表示されやすくなるよ!

SEOをはじめるのにいいタイミングってあるの?

うむ子

つく蔵

サイトやブログを新しくつくるとき、リニューアルするときにSEOに取り組むといいよ!

サイト設計の段階でSEOを考慮しておくとできることが増えるんだ!

SEOでもっとも大切なこと

SEOで一番重要なことは、検索ユーザーの満足度です。

とくに大事なのが次の2点です。

SEOユーザー満足度

・質の高いコンテンツづくり(専門性、網羅性、わかりやすさ、情報量など)

・スマホで使いやすいサイト設計(表示速度、操作性、デザインやレイアウトなど)

後ほどくわしく解説します。

つく蔵

Googleのアルゴリズム自体が、ユーザーの検索満足度を評価の基準にしているんだ!

良い情報をわかりやすくまとめて、見やすく工夫するだなんて、SEOって「やさしさ」なのね。

うむ子

これだけはやっておきたいSEOの基本

それでは初心者でもできるSEOの始め方について解説します。

SEOに強いサイトをつくる

SEOを始めるには、SEOに適したサイトやブログサービスを選ぶことが大切です。

どれだけ質の良いコンテンツをつくっても、基本的な設定ができないとSEOの効果が半減してしまいます。

サイトやブログの作成ツールによってできないものもあるので、サイトの新設やリニューアルを検討している場合はあらかじめ確認しておくことをおすすめします。

WordPressは自分でSEOを行うのに適したサイト作成ツールです。

ブログ設計も簡単で、集客や収益化を考えるのであればWordPressで作成しましょう。

参考記事

ブログ始め方【ブログサービスの失敗しない選び方】プラットホーム比較とブログテーマを決める方法 WordPressブログ始めかた【図解だから簡単】2020年版WordPressブログの始め方をわかりやすく解説【初心者】

最低限やっておきたいサイトの設定(設計)

SEO最低限やっておきたい設定

独自ドメインを設定

独自ドメインを取得してHPやブログに設定しましょう。

短くシンプルなものは使い勝手が良いと思います。

つく蔵

個人サイトやブログは.com .jp .net .blog、法人HPなどの場合は.co.jpがおすすめだよ!

あとで変えるのは大変だからしっかり選んでね!

うむ子

国内最安のドメイン

エックスドメイン
WordPressなどでサイトやブログをつくりたい方は、サーバー契約するとドメインを無料で取得できます。(2020,6月現在)

エックスサーバーWordPress始めかたクイックスタート【5分で完了】WordPressブログをエックスサーバーで簡単に始める方法

サーバーって何?という方はこちらをご覧ください。

WordPressブログ始めかた【図解だから簡単】2020年版WordPressブログの始め方をわかりやすく解説【初心者】

SSL化(http→https)

SSL化とは、簡単に言えばセキュリティを強化することです。

SSL化を行うとサイトのURL表示がhttp://からhttps://に変わります。(s/セキュリティの意味)

SSL化は契約しているサーバー内で設定するのがもっとも簡単です。

エックスサーバーでは3クリックほどででSSL化ができます。

エックスサーバーSSL化

その他のサーバーを契約の方は「契約サーバー名 SSL化」でググると詳しい情報が出てくると思います。

レスポンシブデザイン(モバイル対応)

Googleのアルゴリズムは、モバイルユーザーにとって見やすいコンテンツ、使いやすいサイト設計を評価します。

PCの表示だけでなく、タブレットやモバイルの表示に対応したレスポンシブデザインにしましょう。

WordPressでサイト(ブログ)をつくる場合は、レスポンシブデザインが導入されたテーマ(サイト全体のテンプレートのようなもの)を使用しましょう。

WordPressおすすめテーマはこちら

WordPressのテーマ5選【失敗しない選び方】WordPressのテーマとは?ブログ初心者におすすめのテーマ5選 WordPressホームページテーマ【ブランド力UPが5倍上がる】クオリティの高いWordPressテーマ5選

以上、最低限やっておきたいSEOの基本設定を紹介しました。ここからはより具体的な方法を解説したいと思います。

リサーチとキーワード設定

サイト内で発信している情報を必要としている検索ユーザーと検索キーワードについてリサーチします。

まずは2つのリサーチの方法について解説します。

SEOにおける2つのリサーチ

キーワードのリサーチ

どんなキーワード検索がされたときに、検索結果に表示させるかを決めます。

・検索キーワードとサジェスト(関連キーワード)

・検索意図の分析

・検索ボリューム

詳しい方法はこちらの記事で解説しています。

【図解】Webマーケティング講座無料【図解】マーケティングのリサーチでSEO×ユーザー満足度の高いコンテンツをつくる方法【やさしいWebマーケティング講座④】 SEO検索ボリューム【SEO】検索ボリュームの調べ方!王道キーワードプランナー&簡単Ubersuggest(ウーバーサジェスト)

ユーザー層と市場のリサーチ

対象ユーザーの属性やニーズについてリサーチします。また関連ジャンルの市場についてもリサーチしましょう。

・ユーザーの属性、生活スタイル、価値観、ニーズなどをリサーチ

・市場、競合のリサーチ

詳しい方法はこちらの記事で解説しています。

セルフブランディングの5ステップ【ブランディングとは?】個人のための5つのブランド戦略!わかりやすく解説【やさしいWebマーケティング⑥】

コンテンツ内にキーワードを入れる

リサーチしたキーワードをサイト(ブログ)内に入れるようにします。

キーワードを入れる場所

SEOキーワードを入れる場所

・記事やページのタイトル(h1)

・見出し(h2)、小見出し(h3)

・本文内

・メタディスクリプション(メタタグ)

・画像のalt属性(検索エンジンが画像を認識するときに使用するテキスト)

タイトルへのキーワード設定(h1)

検索結果に表示される文字数に限度があるため、タイトルは30文字前後が理想的です。

また、キーワードは前半に入れるようにしましょう。

見出し(h2)、小見出し(h3)へのキーワード設定

不自然にならない程度に関連キーワードを入れるようにしましょう。

本文内へのキーワード設定

メインのキーワード、関連キーワード以外にも、頻繁にキーワードと一緒に使う言葉を取り入れましょう。

メタディスクリプション(メタタグ)

メタディスクリプションとは、検索時にタイトルと一緒に表示されるサイトページの説明文です。

こちらも不自然にならないようにキーワードを入れましょう。

検索結果に表示される文字数に限度があるため100〜120文字ほどが理想的です。

メタディスクリプション

All in one SEO

メタディスクリプションの設定場所

WordPressのテーマによっては記事を投稿するページにあらかじめ記入欄が設けてあります。

記入欄がない場合は、All in one SEO Packという無料のプラグインを入れることで、記事の投稿ページ下部に表示されます。

画像のalt属性

検索エンジンは画像の内容までは理解できないため、alt属性という画像の内容を伝えるテキストを使用します。alt属性を設定する項目に、内容と一致するキーワードを入れるようにしましょう。

 alt属性

alt属性の設定場所

WordPressの場合は、「メディア」のページ内にある1つ1つの画像をクリックすると「代替テキスト」と書いている欄があります。そこにキーワードを設定するとalt属性として検索エンジンに認識されます。

関連記事

ライティング【図解】Webライティングのはじめかた。SEO×ユーザー心理で読まれる文章を書く方法【やさしいWebマーケティング講座⑤】

質の高いコンテンツづくり

SEOでもっとも重視されるコンテンツの質について解説します。

検索エンジンは、検索ユーザーの満足度が高い記事を質の良い記事と判断します。

また、ある程度まとまった情報量や独自性がある記事を評価する傾向があります。

SEOで評価される質の良いコンテンツ

SEO評価の高いコンテンツ

・信頼性がある(専門性・権威性など)

・独自性がある

・網羅性がある

・情報のわかりやすさ

・情報の鮮度を保つ(更新)

・検索意図に応えている

SEOで評価を下げる質の悪いコンテンツ

・コピー記事(類似記事)

・情報量が少ない記事

・情報が整理されていない記事

詳しくはこちらの記事で解説しています。

SEOにおける質の高いコンテンツとは?【コンテンツの質を上げる方法】SEOで評価される質の高いブログ記事をつくる6つのコツ

スマホで使いやすいサイト設計(モバイルフレンドリー)

検索エンジンは検索ユーザーの満足度を重視するため、ユーザーにとっての使いやすさを意識したサイト(ブログ)をつくりましょう。

とくにここ数年でモバイルでの見やすさ使いやすさが、より一層重要視されるようになりました。

スマートフォンでの、検索ユーザーの満足度を上げるためのサイト設計をしましょう。

モバイルでの満足度のポイント

SEO/モバイルフレンドリー

・レスポンシブデザイン(最低限)

・サイトの操作性(機能、配置)

・読みやすさ

・表示速度 など

モバイルフレンドリー&表示速度に関する詳しい情報はこちらの記事で解説しています。

SEO/モバイルフレンドリー【SEO】モバイルフレンドリーとは?SEOで評価を上げるスマホで見やすいサイト設計 SEO表示速度/離脱率【SEO】サイト表示速度を改善する8つの方法をわかりやすく解説【WordPress】

サイトマップとGoogleサーチコンソール

サイトをGoogleの検索結果にインデックス(表示)するために、サイトマップをつくります。

サイトマップとはサイト内のページをわかりやすく一覧にしたものです。

Googleサーチコンソールという無料のWeb解析ツールを用いてサイトマップを直接登録することで、早い段階で検索結果に表示されるようになります。

Googleサーチコンソールでできること

googleサーチコンソール使い方

・サイトマップの提出

・サイトをGoogleにインデックス(表示)リクエスト

・検索されているキーワードを調べる

・外部リンク、内部リンクの確認

・サイトのエラーをチェック など

サイトマップの作成方法とサーチコンソールの登録方法についてこちらの記事で詳しく解説しています。

Googleサーチコンソール【2020年版】Googleサーチコンソールの登録方法と5つの活用法

アクセス解析Googleアナリティクス

GoogleアナリティクスはGoogleが提供している無料のアクセス解析ツールです。

Googleアナリティクスでは主に次のようなことができます。

・リアルタイムのアクセス状況がわかる

・PVやセッション数などがわかる

・ユーザーの属性がわかる(性別、世代、エリア、デバイスなど)

・流入経路がわかる

・サイト内でのユーザーの動きがわかる 他

SEOは結果が出るまでに2〜3ヶ月かかります。はじめはアクセス解析をする必要はありませんが、SEOの理解を深めるためにも登録しておくことをおすすめします。

また、Googleサーチコンソールを使用する際には、Googleアナリティクスの登録を済ませておくと設定がスムーズです。

詳しい登録方法はこちらの記事で解説しています。

Googleアナリティクス【2020年版】Googleアナリティクスの登録&設定方法【SEOアクセス解析ツール】

SNSと外部リンク

近年SEOにおいて、SNSの運営は重要な要素となりました。

Googleがユーザー満足度を計測する際に、SNSでのシェア数や外部からのリンク数を重視する傾向があります。

運営サイト(ブログ)および対象ユーザー層にマッチするSNSもあわせて運営していきましょう。

SNS利用者の属性

SEO/SNS属性

関連記事

Webマーケティング 方法【図解】コンテンツマーケティングとは?Web集客のための戦略【やさしいWebマーケティング講座③】

SEOにおすすめの本

SEOを理解する上でおすすめの本を紹介します。

「沈黙のWebマーケティング」 松尾茂起 上野高史 著

沈黙のWebマーケティング

 

この本は漫画的なストーリーで読み進められるので、SEO初心者が全体像をつかむのにおすすめの本です。

初心者が陥りがちな失敗や勘違いを、登場人物の行動を通して理解できるため、理論を淡々と学ぶより、「SEOの手応え」のようなものを早い段階でつかめるのではないかと思います。

Amazonで見る

 

「沈黙のWebライティング」松尾茂起

沈黙のWebライティング

 

「沈黙のWebマーケティング」のシリーズ本で、SEOをライティングに落とし込んでいくときのリアルを、ストーリーを通じてつかむことができます。

キーワードの入れ方、コンテンツづくりの考え方など、プロの感覚を十体感できるような構成です。どちらの本も一気に読み進められる面白さがあります。

Amazonで見る

 

「最強の結果を生み出す新しいSEOの教科書」 野澤洋介著

最強の結果を生み出す新しいSEOの教科書

 

SEOの書籍を選ぶ際に多数の本をチェックしましたが、全くの初心者にとってはハードルが高いと感じるものも多くありました。

そんななか、比較的シンプルに全体像をまとめている印象だったのがこの一冊。

具体的&基本的な手法をわかりやすく解説していると思います。

すでにSEOを少しかじっている人にとっては物足りないかもしれません。

Amazonで見る

この記事ではSEOに関連する内容を、随時追加更新していきますので興味のある方はブックマークよろしくお願いします。

あわせて読みたい人気まとめ記事

【まとめ】ブログのスタートアップから運営・収益化までの方法【保存版】ブログの始め方・運営・集客までの方法を27記事で完全図解【まとめ】 Webマーケティング【保存版】初心者のための「やさしいWebマーケティング」シリーズ完全解説【まとめ】