図解でわかるクリエイティブとマーケティング

【SEO】検索ボリュームの調べ方!王道キーワードプランナー&簡単Ubersuggest(ウーバーサジェスト)

SEO検索ボリューム

あわ丸

検索ボリュームをチェックしたいんだけど、どうやって調べればいいんだろう?

どれくらいのボリュームを狙うといいのかな?

そんな方に向けて、SEOに必要な検索ボリュームを調べる方法についてわかりやすく解説します。

こんにちは!umuco@umuco_digital )です。

検索ボリューム(キーワードに対する検索数/月)を調べるツールは数多くありますが、そのなかで王道のものと、操作が簡単なものの2つのツールをご紹介します。

・キーワードプランナー(Google広告)/ざっくり大まかな検索ボリューム

・Ubersuggest(ウーバーサジェスト)/詳細な検索ボリューム

どちらも検索ボリュームのリサーチであれば無料で使用できます。

調べたいキーワードのリストをあらかじめ用意しておくとスムーズです。

キーワード選定の方法はこちらの記事で解説しています。

【図解】Webマーケティング講座無料【図解】マーケティングのリサーチでSEO×ユーザー満足度の高いコンテンツをつくる方法【やさしいWebマーケティング講座④】

SEOに関する情報をこちらの記事に随時アップしています。興味のある方はブックマークにぜひ!

SEOまとめ記事【図解・まとめ】SEOとは?超初心者のためのSEOの始めかたガイド

キーワードプランナーの使い方

キーワードプランナーはGoogle広告の機能の一部ですので、まずはGoogleアカウントおよびGoogle広告のアカウントを作成します。

作成から使用までの手順は次の通りです。

アカウントを作成

1:Googleアカウントを取得(すでにある方は飛ばしてください)

2:「Google広告」のアカウントをつくる

3:広告キャンペーンを停止(停止しないと料金が発生します)

4:エキスパートモードに切り替えてキーワードプランナーを使えるようにする

Google広告はこちらから

Google広告

設定方法はこちらの記事がわかりやすいと思います。

【2020年版】キーワードプランナーの登録方法

アカウントができたら、検索ボリュームを調べていきましょう。

検索ボリュームを調べる

1:Google広告のページからキーワードプランナーへ

[ツールと設定]→[キーワードプランナー]

検索ボリューム/キーワードプランナー

2:[新しいキーワードを見つける]をクリック

検索ボリューム/キーワードプランナー

3:キーワード入力(複数OK)

キーワードを打ち込んで[Returnキー]を押すと決定します。

2つのキーワードの検索ボリュームを調べたい場合は、キーワードの間にスペースを入れて[Returnキー]で決定してください。

キーワードを入れたら[結果を表示」を押します。

検索ボリューム/キーワードプランナー

4:検索ボリュームをチェック

入力したキーワードと、関連キーワードの検索ボリュームが表示されます。

検索ボリューム/キーワードプランナー

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)の使い方

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)はキーワードプランナーで使用されている技術をベースに設計されているため情報の精度が高いうえに、操作がとても簡単です。

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)使い方

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)のページで、キーワードを打ち込むだけで、検索ボリュームが表示されます。

Ubersuggest

検索ボリューム/ウーバーサジェスト

便利なドメイン分析

検索ボリュームのチェックだけでなく、簡単なドメイン分析も可能です。

運営しているサイトのドメインを打ち込むだけで、検索流入のあるキーワード、被リンク数(外部からのリンクの数)などをチェックできます。

キーワードボリュームの目安(選び方)

個人でサイト(ブログ)を運営している、SEO初心者がキーワードボリュームを選ぶ際のめやすをご紹介します。

おすすめの検索ボリューム

個人で検索上位を狙いやすいボリューム:100〜1000

100未満のボリュームは、集客や収益につながりそうであれば狙うのもOKです。

1000以上のボリュームは、複数の関連記事をまとめることで狙いやすくなります。

実際に検索上位に表示されるサイトをチェックする

検索ボリュームをチェックしつつ、気になるキーワードを実際に検索してみましょう。

検索1ページ目で表示されるサイトをチェックし、検索意図や競合の発信内容をリサーチし記事作成に活かしましょう。

・検索意図を知る

・競合サイトにはない情報を書く(網羅性)

・独自性を意識する

以上検索ボリュームをチェックする方法でした。

どんなキーワードで検索流入が起きているかを調べるには、Googleサーチコンソール(Web解析ツール)がおすすめです。

Googleサーチコンソール【2020年版】Googleサーチコンソールの登録方法と5つの活用法

皆さんのSEOライフのお役に立てたら嬉しいです。

SEOに関する情報をこちらの記事に随時アップしています。興味のある方はブックマークにぜひ!

SEOまとめ記事【図解・まとめ】SEOとは?超初心者のためのSEOの始めかたガイド