図解でわかるクリエイティブとマーケティング

映画「ワンダー 君は太陽 」多角的視点で描かれる感動のストーリー【あらすじ&ネタバレ感想/無料視聴】

ワンダー君は太陽 映画レビュー

全世界800万部を記録したベストセアラー小説を映画化したヒューマンドラマ。映画「ワンダー 君は太陽」のあらすじと感想、無料で視聴する方法を紹介しています。

ワンダー君は太陽

この映画の評価
おすすめ度
(5.0)
楽しめる度
(4.0)
感動できる度
(5.0)
考えさせられ度
(4.5)
 

Amazonプライム無料視聴

Amazonで見る

基本情報

原題:2017年のアメリカの音楽映画

監督:スティーブン・チョボスキー

原作:R・J・パラシオ

主演:ジェイコブ・トレンブレイ

その他のキャスト:ジュリア・ロバーツ、オーウェン・ウィルソン

・全世界800万部突破のベストセラー小説の映画化

・文部科学省特別選定映画

おすすめ映画まとめ記事

感動する映画レビュー【レビュー】面白くて感動する!ハッピーエンド海外映画おすすめ4選

「ワンダー 君は太陽」を無料で見る方法

Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオ の30日間無料体験を利用すれば無料で視聴できます。

無料登録して、すぐに解約しても30日間使用できます。解約忘れせずに無料視聴をする方法をわかりやすく解説しています。

 

\Amazonプライムビデオで無料視聴できます/

30日間無料無料体験の詳細を見る

登録方法・解約方法・解約し忘れ防止の方法をわかりやすく解説!

 

Amazonプライムビデオ 登録解約方法【2020年】無料視聴!Amazonプライムビデオとは?登録と解約方法・料金などをわかりやすく解説

※無料視聴は2020年7月時点/Amazonプライムで無料視聴できる「見放題」の対象動画は変更になることがあります。あらかじめご確認ください。

「ワンダー 君は太陽」あらすじ

ワンダー君は太陽 映画レビュー

遺伝子の疾患で人とは違う顔で生まれてきた10歳の少年オギー(ジェイコブ・トレンブレイ)。

母イザベル(ジュリア・ロバーツ)と父ネート(オーウェン・ウィルソン)、姉のヴィア(イザベラ・ヴィドヴィッチ)のサポートを受け自宅学習を続けてきたが、5年生の初日から学校へ行くことが決まる。

初日から生徒たちにからかわれ涙を流すオギー。しかし得意な理科で才能を発揮する。そんな頭が良くてユーモアがあるオギーに初めての友人ができる。

ときには友人の言葉に傷つきながらも、優しくて前向きで面白いオギーのもとに次第に仲間が増えていく。

オギーという太陽の周りを、家族や仲間という惑星が囲む。

姉のヴィアの視点で描かれる世界、友人のジャック(ノア・ジュプ)の視点で描かれる世界。

多角的な視点で描かれる、オギーによって動きはじめる周囲の人々の人生はどう変わっていくのか。

「ワンダー 君は太陽」ネタバレ感想

ワンダー君は太陽 映画レビュー

愛情あふれる家族の中心に生きる主人公

この映画で印象的だったのは、家族の関係性です。愛情とユーモアにあふれ、信頼が築かれています。

オギーの前向きでユーモラスな性格は、家族との信頼関係があってこそだと感じられます。

母親はたくましく、父親は面白く、姉は優しく、理想的な家族が描かれています。

そんな温かい家庭から、外の世界に飛び出し傷つくオギーの心理的描写は見事です。

ワンダー君は太陽 映画レビュー

子どもたちの演技が天才的

オギー役のジェイコブ・トレンブレイは、アカデミー賞4部門にノミネートされた「ROOM」で子役を演じ、数々の映画祭で受賞しています。

ジェイコブの演技は安定の天才っぷりなのですが、友人のジャックを演じたノア・ジュプの演技も素晴らしく見入ってしまいました。

感情表現が絶妙で、無言のシーンの心理的描写をここまで自然に表現できるのか!?と引き込まれました。

ワンダー君は太陽 映画レビュー

オギーの心の中や空想が描かれる

この映画ではリアルな日常シーンだけでなく、オギーの大好きなスターウォーズや宇宙を用いた空想世界のシーンも多くあります。

オギーの理想と現実、自分の気持ちを整理する様子などが、空想世界に描かれています。

いきなり空想シーンが登場しても浮いた印象にならないのは、普段のシーンでオギーの心理がうまく表現されているからだと思います。

ワンダー君は太陽 映画レビュー

 

ワンダー君は太陽 映画レビュー

多角的視点で描かれる世界

主人公のオギーだけでなく、彼を取り囲む複数の登場人物を主体としたストーリーで多層的に描かれているのが特徴的です。

学校で傷つきながらも家族の愛情を充分に受け取っているオギーに対し、両親から「世界一手のかからない子」と呼ばれている姉のヴィア。

同じ空間時間を過ごしていても、オギーを主体として見る世界と、ヴィアから見る世界とでは全く違ったものであることが描かれています。

他にも友人のジャックや、ヴィアの友人ミランダ(ダニエル・ローズ・ラッセル)など、複数の視点を共存させる構成になっており、偏った観点になりがちな人生というストーリーを多角的な視点へと広げてくれます。

ワンダー君は太陽 映画レビュー

 

\Amazonプライムビデオで無料視聴できます/

30日間無料無料体験の詳細を見る

登録方法・解約方法・解約し忘れ防止の方法をわかりやすく解説!

 

Amazonプライムビデオ 登録解約方法【2020年】無料視聴!Amazonプライムビデオとは?登録と解約方法・料金などをわかりやすく解説

※無料視聴は2020年7月時点/無料視聴できる「見放題」の対象動画は変更になることがあります。あらかじめご確認ください。

ワンダー君は太陽 映画レビュー

まとめ

見たあとに「人生の見えかたが変わる」そんな映画です。

単なる感動ストーリーで終わらない、その背景にある様々な要因(人間関係、家族、愛情、友情)を感じることのできる良作です。

困難に直面していると自分を主体に物事を考えがちですが、視点をすこし変えて見ることで多くのことに気づけるのだと気付かされます。

本当におすすめの作品です。

おすすめ映画まとめ記事

感動する映画レビュー【レビュー】面白くて感動する!ハッピーエンド海外映画おすすめ4選