図解でわかるクリエイティブとマーケティング

【図解】Webライティングのはじめかた。SEO×ユーザー心理で読まれる文章を書く方法【やさしいWebマーケティング講座⑤】

ライティング

あわ丸

わかりやすくて読まれる文章を書くにはどうすればいいんだろう?SEOとかも気にしたほうがいいのかな?

こんな方に向けた内容です。

こんにちは!umuco@umuco_digital )です。

この記事で得られるものは4つあります。

・読みやすい文章の書き出しがわかる

・文章構成が理解できてスラスラ書ける

・共感力のある文章が書けるようになる

・SEOに強い文章が書ける

「やさしいWebマーケティング講座」シリーズまとめ(随時更新)/興味のある方はブックマークにぜひ!

Webマーケティング【保存版】初心者のための「やさしいWebマーケティング」シリーズ完全解説【まとめ】

記事の信頼性

詳しいプロフィール Twitter @umuco_digital

Webライティングとは

SEOとユーザー満足度を意識し、検索結果の上位に表示させるライティングです。

具体的なポイント

選び抜いた検索キーワードを、タイトル、見出し、本文などに効果的に配置する。

ユーザーのニーズや満足度、読みやすさを意識する。

Webライティングの目的とは

Webマーケティングにおける文章の目的は以下の3ステップです。

Webライティングの目的

①ユーザーの興味を引く(知るきっかけ)

②ユーザーの知識を増やす(理解)

③ユーザーの行動を促す(自分ごと化)

ユーザーとの関係性を築き、興味から知識へ、知識から行動へ促すことが、Webライティングの役割です。

シリーズ1回目の「欲しくなる」を仕組み化するでポイントを解説しています。

【図解】Webマーケティング講座無料【図解】マーケティングとは?「売らなくてもいい」仕組みづくり【やさしいWebマーケティング講座①】

つく蔵

ユーザーのことをしっかり理解しておかないと、ライティングは難しいんだ。
しっかりリサーチすると、書き方が変わるわね!

うむ子

読まれる文章とは

・ユーザーの興味と理解のレベルにマッチしている

・読むときの負担がなく簡潔にまとまった文章

ユーザーの興味と理解のレベルにマッチした文章を書くには、ターゲット層のリサーチが大切です。

読むときに負担のない文章を書くポイントは大きく分けて2つあります。

読む負担の少ない文章

文章の構成と内容が整理されている(伝える順序、無駄を削るなど)

スマホでも読みやすい(改行、一文の長さ、画像)

読む負担の少ない文章

詳しくはこちらの記事で解説しています。

ブログ書き方テンプレート【初心者でもサラサラ書ける】読まれる記事の文章構成とテンプレート【ブログ】 初心者でも読まれるブログを書く10の方法【失敗しないブログ鉄則】読まれる記事に共通する10のテクニック

Webライティングの手順

実際にWebライティングをする際の手順は、大きく分けて3ステップです。

Webライティングのステップ

準備をする→書く→整える

各ステップの詳細を解説します。

書く前の準備をする

内容をいきなり書くのではなく、準備をしてから書き始めます。

書く前の準備①書く目的を考える

何のために書くのか=ユーザーに最終的にどんな行動をとってもらいたいのか

を明確にしておきましょう。

文章を書くときにマーケティングの軸がぶれなくなります。

つく蔵

ひとつの文章に対して、目的は1つに絞っておくといいよ!行動を促す力が集中するんだ!

書く前の準備②リサーチ

SEOキーワード、ターゲット層のニーズや興味などのリサーチをしっかり行います。

つく蔵

普段からリサーチを習慣にしてメモしておけば、書く直前には確認や追加リサーチ程度で進めることができるよ!

詳しいリサーチの方法はこちらの記事で解説しています。

【図解】Webマーケティング講座無料【図解】マーケティングのリサーチでSEO×ユーザー満足度の高いコンテンツをつくる方法【やさしいWebマーケティング講座④】

ターゲット層の設定方法はこちらで解説しています。

セルフブランディングの5ステップ【ブランディングとは?】個人のための5つのブランド戦略!わかりやすく解説【やさしいWebマーケティング⑥】

書く前の準備③構成を考える

文章構成と大まかな内容を書き出します。

読みやすい文章の基本構成は次の4ステップです。

文章の構成

①結論

②理由

③根拠・具体例

④結論

詳しい書き方はこちらの記事で解説しています。

ブログ書き方テンプレート【初心者でもサラサラ書ける】読まれる記事の文章構成とテンプレート【ブログ】

各項目のキーワードの入れ方はこちらの記事で解説しています。

SEOまとめ記事【図解・まとめ】SEOとは?超初心者のためのSEOの始めかたガイド

書く前の準備④タイトルと見出しを考える

検索キーワードを意識と構成を意識して、タイトルと見出し、小見出しを考えます。

タイトルのつけ方の基本

・キーワードはなるべく頭にもってくる

・なるべく30文字前後にする(検索時に表示される範囲)

・内容が一目で理解しやすいタイトルにする

・ターゲット層の興味をひく言葉を入れる

詳細はこちらの記事で解説しています。

ブログ記事タイトルの決め方【SEO×読者心理で読まれる】ブログのタイトルの決め方4つのルール+テンプレート

キャッチコピーを理解することでタイトルがより効果的になります。

キャッチコピーのつくり方と考え方【刺さるキャッチコピーの考え方】実例とつくり方 7つのコツ【やさしいWebマーケティング⑨】

見出し、小見出しのポイント

キーワードを入れる

見たい情報がすぐに見つかるように整理する(目次をつくる)

つく蔵

タイトル、見出しに合わせて、各項目の要点などをまとめておくと書くときにスムーズだよ!

さり気ないけど読みやすい文章なんかは、そうやってしっかり準備して書いているのね!Webライティングの裏側って、とっても地道なのね。

うむ子

つく蔵

内容によっては、準備に7割、実際のライティング作業3割ぐらいの配分になることもあるよ!
すごい準備ね。でも、がんばる!

うむ子

本文を書く

リサーチ内容、構成、見出しなどのメモを見ながら、肉付けをしていきます。

読みやすい文章を書くポイント

・主語をわかりやすく

・一文を長くしすぎない

・行間を工夫

・漢字を羅列しない

こちらの記事で詳しく解説しています。

初心者でも読まれるブログを書く10の方法【失敗しないブログ鉄則】読まれる記事に共通する10のテクニック

次に文章の修正を行います。

文章の修正の内容

・誤字脱字のチェック

・無駄な部分や長い部分を削る

・わかりやすい言い回しに修正

見た目を整える

最後に全体の見やすさを考えて文字の装飾や、画像を入れていきます。

デザインや画像もスマホで表示したときの見やすさを大事にします。

ポイント

・スマホで読みやすい文字サイズ、行間を意識する

・スマホで1スクロールに1回は文字装飾or画像が入る

・内容、ブログのコンセプトにマッチした画像を選ぶ

・文字装飾の色数は多くても3つまでにする

参考記事

ブログブランディング8つのコツ【信頼性とPVを上げる】ブログで効果的にブランディングするための8つのコツ
わたし、画像がたくさんある記事の方がすきだわ!長い文章だけだと途中であきらめてしまうのよね。

うむ子

つく蔵

文章の内容を図や画像などイメージで表せる場合は、できるだけおきかえよう!

今回の記事を要約すると、

WebライティングはSEOとユーザーの満足度をとことん考え、下準備から仕上げまで手を抜かない。

ということです。

つく蔵

Webマーケティングでは、ライティングのスキルはかなり大事だからチャレンジしてみてね!

Webライティングにおすすめの本

「沈黙のWebライティング」松尾茂起 著

沈黙のWebライティング

 

「沈黙のWebマーケティング」のシリーズ本で、SEOをライティングに落とし込んでいくときのリアルを、ストーリーを通じてつかむことができます。

キーワードの入れ方、コンテンツづくりの考え方など、プロの感覚を十体感できるような構成です。どちらの本も一気に読み進められる面白さがあります。

Amazonで見る

 

以上、Webライティングの基本についてでした。

あわせて読みたい記事

blog【初心者必見!ブログを始める前に】失敗しないための本質的な3つのポイント【フリーランス】 ブログ始め方【ブログサービスの失敗しない選び方】プラットホーム比較とブログテーマを決める方法

「やさしいWebマーケティング講座」シリーズまとめ(随時更新)/興味のある方はブックマークにぜひ!

Webマーケティング【保存版】初心者のための「やさしいWebマーケティング」シリーズ完全解説【まとめ】