図解でわかるクリエイティブとマーケティング

【図解】コンテンツマーケティングとは?Web集客のための戦略【やさしいWebマーケティング講座③】

Webマーケティング 方法

あわ丸

個人でできるWebマーケティングって何がいちばんいいの?コンテンツマーケティングって聞いたことはあるけど、どんなものなんだろう?

そんな方に向けて、無料 or ローコストではじめられるコンテンツマーケティングの具体的な方法を解説します。

こんにちは!umuco@umuco_digital )です。

この記事で得られることは次の通りです。

・ネット上での集客力がアップする

・ブログ読者やSNSのフォロワーが増えて仕事の収益が安定する

・認知度が上がり、取材やオファーなど仕事の幅が広がる

個人的にはコンテンツマーケティングを強化することで、短期間で収益が10倍ほどアップしました。

やさしいWebマーケティング講座」シリーズまとめ(随時更新)/興味のある方はブックマークにぜひ!

Webマーケティング【保存版】初心者のための「やさしいWebマーケティング」シリーズ完全解説【まとめ】

記事の信頼性

詳しいプロフィール Twitter @umuco_digital

コンテンツマーケティングとは

Webマーケティングは大きく分けて、コンテンツ系と広告系の2種類があります。

コンテンツ系

・ユーザーの求めている情報を提供しつつ、サービスや商品への興味関心につなげていく方法

・SEOを駆使してブログやオウンドメディアなどを運営し、検索の上位表示を目指しながらユーザーとの信頼関係を構築

・ホームページと一体型のメディア、個人のブログの記事をベースに運営

・SNSとの相性がよく、基本的には併用して運営すると効果的

メリット

・無料 or ローコスト

・個人でもやり方次第で大きな成果を出すことができる

・記事がストックされ情報資産が蓄積する

・ファン構築や信頼関係づくりができる

デメリット

・検索の上位表示、集客までに時間がかかる

・継続するための作業コストがかかる

広告系

・GoogleやYahooなどの検索ページに表示されるリスティング広告

・特定サイトの広告スペースに掲載できるディスプレイ広告

・Twitter,Instagram,facebookに掲載できるSNS広告、動画広告など

メリット

・細かいターゲティングや成果の測定もしやすい

・コンテンツ系に比べると短期間で成果が出やすい

デメリット

・有料(計測するにはある程度コストを必要とする)

・掲載期間のみの一時的な成果

つく蔵

「やさしいWebマーケティング講座」リシーズでは、無料orローコストで始められて、情報の資産を蓄積できるコンテンツマーケティングを詳しく解説していくよ!

コンテンツマーケティングの仕組み

コンテンツマーケティングでは、ユーザーの興味関心と商品やサービスをつなぎ、徐々にファン化する仕組みをつくります。

コンテンツマーケのステップ

興味関心とユーザー心理のゆるやかな変化を設計します。

ユーザー心理の変化

1 きっかけ(目に留まる)

2 興味をもつ(知りたい欲求)

3 自分ごと化(必要性を感じる)

4 購入(手に入れたい欲求)

5 リピート(継続とファン化)

きっかけ〜自分ごと化の詳しいステップ解説はこちら

【図解】Webマーケティング講座無料【図解】初心者がはじめに覚えておきたいWebマーケティング基本8つのコツ【やさしいWebマーケティング講座②】

興味関心を育てる

1 ユーザー自身が興味関心のあるもの(リサーチで明確にする)

2 コンテンツへの興味関心(なめらかな導線、情報による価値への理解)

3 提供者への興味関心と、サービスや商品への信頼(理念への共感、クオリティ満足度)

つく蔵

コンテンツマーケティングはユーザーとの関係性づくりだよ!

たしかに、何気なく見た記事から旬のお魚をお取り寄せするようになったわ。

コンテンツマーケティングで買っているものって、けっこうあるわよね!

うむ子

個人にマッチするコンテンツマーケティングの種類

個人でもはじめやすい無料orローコストでできるコンテンツマーケティングは、大きく分けて4つあります。

個人に最適なコンテンツマーケティング

個人向けコンテンツマーケティングの4つのタイプ

ブログ

SEOを意識した記事づくりで検索ユーザーへのきっかけ作りとファン作り

オウンドメディア

SEOを意識した記事づくりで検索ユーザーへのきっかけ作りとファン作り

SNS

各SNSの特徴にあわせた運用によるシェア拡散(バイラル)の設計と、ファンとのコミュニケーション

動画配信

Youtubeやライブ配信など動画メディアでの配信、エンタメ、教育、ノウハウなどのコンテンツできっかけを作る

つく蔵

ブログとオウンドメディアは手法が似ているよ!

大まかに分けるとブログは様々なテーマを扱う雑記が多く、オウンドメディアはジャンルを限定した特化型、ターゲット層に合わせたコンセプトスタイルがあります。

さらにオウンドメディアの場合、複数のライターに依頼して運営することも多いです。

コンテンツマーケティングは複数メディアが効果的

個人でコンテンツマーケティングを行う場合は、ブログorオウンドメディア(記事系)とSNS&動画などを組み合わせることが効果的です。

さまざまな媒体でマーケティングを行うことをクロスメディアといいます。

クロスメディアのメリット

ターゲットごとにマッチした発信ができる

別の媒体で見ることで理解が深まりやすい

ユーザーの生活導線に入り込みやすい

クロスメディアのデメリット

作業時間が増える

コンテンツマーケティングのはじめ方

ブログ(オウンドメディア)を準備する

個人でコンテンツマーケティングを始めるには、まず母体となるブログまたはオウンドメディア(記事コンテンツのあるサイト)が必須です。

どちらもターゲットや目的にあわせて、サイト設計やデザインを工夫する必要があるので、WordPressで作成することをおすすめします。

つく蔵

今後このシリーズ記事で紹介するWebマーケティングの様々なテクニックを反映させるには、WordPressでブログ(サイト)をつくっておけば簡単にできるよ!
確か、5分で設定できるのよね!

うむ子

WordPressブログ始めかた【図解だから簡単】2020年版WordPressブログの始め方をわかりやすく解説【初心者】

アメブロなどはカスタマイズに制限があるし、デザイン的にブランディングが難しいの!以前の記事で違いを知ったわ!

うむ子

参考記事

ブログ始め方【ブログサービスの失敗しない選び方】プラットホーム比較とブログテーマを決める方法

SNSをマーケティング用に設計し直す

SNSをやっていない方は新規で登録します。

すでに行っている方はマーケティング用に修正や変更を加えていきます。

SNS設計ポイント

プロフィールを書き直す(初めて見る人に伝わりやすい内容で)

プライベートな投稿でクオリティの低いものを整理する(削除 or 限定公開)

ヘッダーやプロフィール画像を同じものにする

ターゲット層が利用しているSNSでまだ登録していないものはしておく

 

現在、日本で主流のSNS、Twitter,facebook, Instagram,LINEの4つを押さえておくと良いのではないかと思います。

4つのSNSの特徴(年齢層と特性)

SEO/SNS属性

つく蔵

LINEの運用準備はあとからでも大丈夫だよ!

各SNSの詳しい特性とマーケティングでの活用法は、シリーズ続編で解説します。

まだ準備ができていない方は、ブログ(メディア)とSNSの準備を進めてみてください。

おすすめの記事

マーケティング心理学【図解】マーケティング心理学とは?効果から逆引き×実践例10選【やさしいWebマーケティング講座⑦】

あわせて読みたい記事

【図解】Webマーケティング講座無料【図解】初心者がはじめに覚えておきたいWebマーケティング基本8つのコツ【やさしいWebマーケティング講座②】 blog【初心者必見!ブログを始める前に】失敗しないための本質的な3つのポイント【フリーランス】

「やさしいWebマーケティング講座」シリーズまとめ(随時更新)/興味のある方はブックマークにぜひ!

Webマーケティング【保存版】初心者のための「やさしいWebマーケティング」シリーズ完全解説【まとめ】