図解でわかるクリエイティブとマーケティング

【2020年版】Googleサーチコンソールの登録方法と5つの活用法

Googleサーチコンソール

あわ丸

SEOに便利なツールがあるって聞いたけど何から始めればいいんだろう?

サーチコンソールってやったほうがいいのかな?

そんな方に向けてGoogleサーチコンソールの使い方についてわかりやすく解説します。

こんにちは!umuco@umuco_digital )です。

Googleサーチコンソールは様々な機能がありますが、その中でサイト運営に必要なはじめに覚えたい5つの活用法を紹介します。

・サイトマップを提出する方法

・サイトをGoogleにインデックス(表示)させる方法と確認方法

・検索されているキーワードを調べる

・外部リンク、内部リンクの確認

・サイトのエラーをチェック

それでは詳しく解説していきます。

SEOに関する情報をこちらの記事に随時アップしています。興味のある方はブックマークにぜひ!

SEOまとめ記事【図解・まとめ】SEOとは?超初心者のためのSEOの始めかたガイド

Googleサーチコンソールとは?

サイトの検索パフォーマンスを把握できるGoogleが提供している無料解析ツールです。

(以前はウェブマスターツールと呼ばれていました)

SEOで検索での上位表示を目指す場合にとても便利なツールです。

Googleサーチコンソール導入方法

サーチコンソールの利用にはGoogleアカウントが必要になります。Googleサーチコンソール設定の流れ

手順

1:アカウント登録

2:サイト登録

3:サイト所有権の確認

4:完了 プロパティに移動

カンタン!

通常、上記の手順で進めますがサイト所有権の確認のステップがかなり面倒なため、Googleアナリティクスを先に登録しておくことで簡単に進めます。

Googleアナリティクス【2020年版】Googleアナリティクスの登録&設定方法【SEOアクセス解析ツール】

1:アカウント登録

サーチコンソールの公式サイトで登録を行います。

サーチコンソール公式サイト

Googleサーチコンソール

こちらのページの[今すぐ開始]をクリックして登録を開始します。

Googleアカウントでログインします。

2:サイト登録

サイトURLを入力して[続行]を押します。

ドメイン:サブドメインを含むトップドメイン以下のサイトをまとめて取り扱う。

URLプレフィックス:サブドメインなどを分けて取り扱う。

基本的に1つのドメインに対してサイトが1つなら「ドメイン」で登録して問題ないと思います。

Googleサーチコンソール

例えばウェブサイトのドメイン下にブログをつくり(ex  https://○○○.com/blogなど)、ブログの検索パフォーマンスを解析したい場合は「URLプレフィックス」で登録します。「ドメイン」で登録する場合は、https://などをつけずにドメインのみ入力します。

3:サイトの所有権の確認

Googleアナリティクスを登録済みの方はこのパートはパスできます。

「所有権を自動確認しました」という画面が表示されます。

サイト所有権の確認方法は「ドメイン」と「URLプレフィックス」で方法が異なります。

ドメインの場合

Googleサーチコンソール

確認画面で表示されるTXTコード(所有権を確認するためのコード)をコピーし、契約しているサーバーにTXTコードを設置します。

設置方法

エックスサーバーへの設置方法

さくらインターネットへの設置方法

設置後[確認]を押すと、サーバーへの確認が自動的に行われます。

「所有権を確認しました」という画面が出たら登録完了です。

URLプレフィックスの場合

1:確認画面で[HTMLタグ]をクリック

2:所有権の確認画面にあるメタタグをコピー

3:サイトHTMLの</head>タグの直前にコピーしたタグを貼る

4:[確認]を押すと完了

4:完了 プロパティに移動

[プロパティに移動]をクリックしたら管理画面に移動します。

1日待つとサーチコンソールを使用できるようになります。

Googleサーチコンソールの5つの活用法

サーチコンソールの中で頻繁に使用する5つの機能を紹介します。

googleサーチコンソール使い方

インデックスとは

Googleなどの検索結果に表示されること。インデックスされていないとサイトやブログをつくっても検索でアクセスされることはありません。

1 サイトマップを提出する(WordPress)

サイトマップとは

サイト内のページを地図のようにわかりやすく一覧にしたものです。

サイトマップ(XML)をサーチコンソールに登録しておくことで、検索エンジンのクローラー(ロボ)が登録サイトに優先的に巡回されインデックス(検索結果に表示)されるようになります。

サイトマップのつくり方

Google XML Sitemap
WordPressの場合、Google XML Sitemapsというサイトマップ用のプラグインを使用すると簡単に作成できます。

プラグインインストール

WordPress管理画面の左サイドバー→[プラグイン]→[新規追加]→検索窓にGoogle XML Sitemapsと入力して検索→[今すぐインストール]→[有効化]

プラグインについて

注意:プラグインは思わぬエラーが起こることもありますので使用前にバックアップ&自己責任でお願いします。

プラグイン設定

WordPress管理画面の左サイドバー→[設定]→[XML- Sitemap]

詳しい設定方法はこちらの記事で紹介されています。

Google XML Sitemapsの設定方法

サーチコンソールへサイトマップを登録する

サーチコンソールにログインし左サイドバーにある[サイトマップ]→「新しいサイトマップの追加」にURLを入力→[送信]

Googleサーチコンソール

URLはプラグイン設定画面の上部にある「あなたのサイトマップのインデックスファイルのURL:」に続いて記載されています。

これで、サイトマップ登録完了です。

WordPressの始め方はこちらで解説しています。

WordPressブログ始めかた【図解だから簡単】2020年版WordPressブログの始め方をわかりやすく解説【初心者】

2 サイトをGoogleにインデックスさせるもう1つの方法

サイトマップは定期的に送信されていますが、新しい記事を書いたら直接Googleにインデックス登録リクエストをすることで確実に表示されるようになります。

サーチコンソールにインデックス登録する

Googleサーチコンソールの管理画面上で、一番上にある検索窓に、インデックスリクエストをしたいURLを入力して確定(Enter)

Googleサーチコンソール

「URLがGoogleに登録されていません」と表示されるので[インデックス登録をリクエスト]をクリックします。

Googleサーチコンソール

Googleサーチコンソール
「公開URLがインデックスに可能かどうかをテストする」という画面が表示されるのでしばらく待ちます。

問題がなければリクエスト完了画面が出て完了です。

記事をリライトした際なども同じ方法でインデックス登録をして、更新情報を伝えましょう。

つく蔵

問題があった場合も、同じ手順でもう一度試すとなぜかできたりするよ!

インデックスの確認方法

実際にGoogleの検索結果上に表示されているかを確認する方法があります。

通常の検索窓に以下のように入力して検索します。

site:調べたいURL

Googleサーチコンソール

表示されていればインデックスがうまくできています。

3 検索されているキーワードを調べる

サーチコンソールに登録したサイトにどのような検索キーワードで流入があるかを調べることができます。

サーチコンソール管理画面の左サイドバーの[検索パフォーマンス]をクリック

グラフの下にある[クエリ]で表示されているのが、検索流入があるキーワードです。

・表示回数とクリック数が一緒に表示されています

・グラフ上部にある[日付:]と書いてあるタグをクリックすると解析期間を変更できます

キーワードの検索ボリュームについてはこちらの記事で解説しています。

SEO検索ボリューム【SEO】検索ボリュームの調べ方!王道キーワードプランナー&簡単Ubersuggest(ウーバーサジェスト)

4 外部リンク、内部リンクの確認

サーチコンソール管理画面の左サイドバーの下の方にある[リンク]をクリックすると、内部リンク、外部リンクの状況を確認できます。

リンク数やリンクされているページが一覧表示されます。

5 サイトのエラーをチェック

サーチコンソール管理画面の左サイドバーの[カバレッジ]をクリックすると、サイトのエラーを確認できます。

エラーが起きているページはインデックスに表示されないことがあるので改善しましょう。

とくに問題がないのにエラー表示が出る場合もあるので、問題がなさそうであれば表示されているエラーをクリックして[修正を検証]をクリックしておきましょう。

エラーの詳しい解説はこちらの記事で詳しく解説してくれています。

インデックスされない理由と解決方法

以上、Googleサーチコンソールの登録方法とはじめに覚えておきたい5つの活用法でした。

他にもモバイルユーザビリティの確認などもできます。

モバイルユーザーの満足度をアップするモバイルフレンドリーの改善方法についてはこちらの記事で解説しています。

SEO/モバイルフレンドリー【SEO】モバイルフレンドリーとは?SEOで評価を上げるスマホで見やすいサイト設計

この記事がみなさんのSEOライフのお役に立てたら嬉しいです。

関連記事

Googleアナリティクス【2020年版】Googleアナリティクスの登録&設定方法【SEOアクセス解析ツール】

SEOに関する情報をこちらの記事に随時アップしています。興味のある方はブックマークにぜひ!

SEOまとめ記事【図解・まとめ】SEOとは?超初心者のためのSEOの始めかたガイド