図解でわかるやさしいブログ

【Ae/全エフェクト実験】CC Mr.Mercury(噴き出す液体)の表現力をとことん検証

CCMr.Mercury

今回はシミュレーションの中にあるCC Mr.Mercury(噴き出す液体)の可能性を探ってみました。

動画は実際にプロパティを調整した際の変化を直感的に捉えることができるようになっています。こちらの記事ではプロパティの解説など、(自分なりに)検証結果をまとめています。

CC Mr.Mercuryとは

レイヤーの素材を元に噴き出す液体をつくるエフェクト。(自動でアニメーションが含まれます)

画像などイメージのレイヤーに

【エフェクト】→【シミュレーション】→【CC Mr.Mercury 】の順で適用。

今回の元素材はこちら。鉱物の写真をベースに液体噴出エフェクトを加えました。

Radius X,Radius Y/液体が出る点の大きさ

液体の噴出口をXYそれぞれの方向に調整できる。

Producer/噴出口の位置

液体の噴出口のポジション設定。

Direction/方向

液体が噴き出す方向を設定。

Velocity/液体が飛び出す速さ

数値を大きくすると、スピーディに飛び散るようなイメージになる。

Birth Rate/液体の量

噴き出す液体の量を調整。数値を大きくするとドバドバ感が表現できる。逆に小さくすると水滴の粒のようなイメージになる。

Longevity/液体が消えるまでの長さ

噴出してから消えるまでの長さを設定。数値を大きくすると画面上に長くとどまる。

Gravity/重力設定

プラス値だと液体が下に落ちる。マイナス値だと上昇。0値だと噴出のアニメーションに合わせて広がるのみ。

Resistance/空気抵抗

数値が大きいと液体が広がらない。

 

Resistance(空気抵抗)をマイナス値、Death Size(消える時の大きさ)を大きめにしたときの飛び散り方。

Extra/液体の動きをランダムにする

Animation/液体の動きの設定

Explosive/デフォルト設定のアニメーション。全方向に広がる。

Fractal Explosive/全方向にランダムに。

Twirl/回転しながら噴出するアニメーション。

Twirly/回転+噴出のアニメーション。

Vortex/竜巻のように液体が噴出するアニメーション。

Fire/炎のような動きで液体が立ち上がるアニメーション。

Direction/設定した方向へ液体が噴き出すアニメーション。

Direction Normalized/上記と同じ+全液体が同じ速度?

Bi-Direction/設定した方向+反対方向に噴き出すアニメーション。

Bi-Direction Normalized/上記と同じ+全液体が同じ速度?

Jet/Producer(噴出口の位値)のキーフレームに合わせて変化するアニメーション

Jet Sideways/上記と同じ+横方向に移動する?

Blob Influence/水滴の量

Influence Map/液体一滴の発生時と消失時の状態の設定

Blob out/だんだん小さくなって消える。

Blob in/無から発生しだんだん大きくなる。

Blod in & out/無から発生しだんだん大きくなり、次第に消える。

Blob out sharp/指定した時間で突然消える。

Constant Blobs/一定の大きさを保ち続ける。

Blob Birth Size/水滴が発生するときの大きさ。

Birth Size大きめ。

BlobDeath Size/水滴が消えるときの大きさ。

Light/ライトの設定

ハイライトなど光る部分や度合いなどを調整できます。 

Using/ライトの種類

Light Intensity/ライトの強さ。ハイライトが目立つ印象。

Light Color/ライトの色

Light Type/遠くから照らすようなライトか、ポイントライトかを選択

Light  Height/レイヤーとライトの距離。背景との分離感が出る

Light Position/ポイントライト選択時のライトの位置

Light Direction/光を照らす方向

Light Colorをパープルに設定。

Shading/陰影の調整

Ambient/全体のトーン調整。数値を下げると明度が下がり波紋が目立つ印象。

Diffuse/拡散?全体が明るくなる??

Specular/ハイライトの強度調整。低く設定すると波紋が目立たなくなり水面の歪みのような印象になる。

Roughness/ハイライトの広がり

Metal/ハイライトの質感設定。反射度やカラーの影響などを調整できる。

Material Opacity/ハイライトの透明度

 

ShadingのAmbient(環境明度)を調整して暗めにすると、反射がメタリックで美しい。
ShadingのAmbient(環境明度)をさらに暗くすると、地球外物質感が出ていい感じになりました。
Death Size(消える時の大きさ)をゼロにしています。

CC Mr.Mercuryは使用する元のイメージ素材によってかなり表情を変えるのではないかと感じました。

今回、鉱物の画像を液体化したため、独特の質感が現れたように感じます。

特に空気抵抗を強めたときなど、広がらずにとどまる液体の表現も、生命体のようで個人的に好みでした。

皆さんもいろいろ遊んでみてください!

独学におすすめの本

Ae booksAfter Effectsを独学で始めるときにおすすめの本5選