図解でわかるやさしいブログ

Adobe Creative Cloudはコンプリートプランがおすすめな理由

adobe creative cloud

あわ丸

Adobeソフトを使って動画編集やデザインをやってみたいけど、どのプランが自分に合ってるんだろう?何を基準に選べばいいの?コンプリートプランは使いこなせるかな?

こんな方に向けた記事です。コンプリートプランが半額になる方法も紹介!

個人的にはコンプリートプランが断然おすすめです。

デジタル時代を生き抜くためのサバイバルツールとして極めて優秀だと思います。

キャンペーンを使って安く購入することもできるので、そのあたりもあわせて解説したいと思います。

AdobeCreative Cloudのプランの特徴

Adobe Creative Cloudには3つのプランがあります。

フォトプラン/写真に活かせるPhotoshop、Lightroomが使える

単体プラン/主要な8アプリの中から1つ選んで使える

コンプリートプラン/デスクトップアプリ15種類、モバイルアプリ8種類以上すべて使える

 

月額制でプランが複数あります。シリアルコードを購入し、2台のパソコンまで使用できます。

2020.4.25現在の個人向けプラン/税別

フォトプラン単体プランコンプリートプラン
年間プラン月払い

980円/月〜

年間プラン月払い

2,480円/月

年間プラン月払い

5,680円/月

年間プラン一括払い

11,760円/年〜

年間プラン一括払い

26,160円/年

年間プラン一括払い

65,760円/年

月々プラン月払い

なし

月々プラン月払い

3,480円/月

月々プラン月払い

8,980円/月

以下の3製品
Photoshop
Lightroom
Lightroom Classic
以下より1製品
Photoshop
Illustrator
InDesign
Acrobat DC
Dreamweaver
Animate
Premiere Pro
After Effects
Audition
InCopy
Adobe XD
Dimension
以下すべての製品
Photoshop
Lightroom
Lightroom Classic
Illustrator
InDesign
Acrobat DC
Dreamweaver
Animate
Premiere Pro
After Effects
Audition
InCopy
Adobe XD
Dimension
Character Animator
Media Encoder
Fuse
Bridge

Prelude

これらをはじめとするモバイルアプリケーションが利用可能

Photoshops Fix     Photoshop Mix     Photoshop Sketch

Lightroom mobileIllustrator Draw  Capture      Comp     Premiere Rush

ストレージ 20GB〜10TBストレージ100GBストレージ100GB 〜10TB

 

アプリの主な内容

Photoshop(画像加工、補正、簡単なバナーデザインなど)
Lightroom(写真、ロー現像など)
Lightroom Classic
Illustrator(WEBデザイン/ロゴ、アイコンなど、印刷物デザイン)
InDesign(ページレイアウト、文字組版など)
Acrobat DC(PDE編集、保護など)
Dreamweaver(サイト構築)
Animate(アニメーション)
Premiere Pro(動画編集、カラーグレーディングなど)
After Effects(映像効果、モーショングラフィックス、VFXなど)
Audition(オーディオ編集)
InCopy(ライティング、編集)
Adobe XD(UIデザイン?)
Dimension(3D)
〈以下はコンプリートプランだけで使用できるアプリ〉
Character Animator(リアルタイムアニメーション/表情や体の動きからアニメーション)
Media Encoder(映像ソフトなどのエンコード)
Fuse(3Dキャラクターデザイン)
Bridge(写真の管理など)
Prelude(映像へのタグ付け、ラフカット作成など)

Adobe Creative Cloudの詳細を見る

つく蔵

3つ以上使ってみたいという人は、コンプリートプランがお得だよ!
こんなにたくさんのアプリ使いこなせるの?!

うむ子

つく蔵

プロでも1つのアプリの全機能を使いこなしているわけではないんだ。基礎程度でもマルチなスキルがあればこれから役立つ場面が増えるはずだよ!

 

画像素材を使用する場合はAdobe Stockと併用するとかなり便利に使えます!(画像の挿入、置き換えなどがカンタン!)

【厳選】ホントに使える!ブログ用おしゃれな画像フリー素材&有料素材サイト【厳選】もう迷わない!ブログの読者が増えるおしゃれな画像フリー素材&有料素材サイト

コンプリートプランは自立のための武器になる

woman creator

誰もがオンラインに接続する時代へと一気に突入したことで、今後さらにウェブ上での発信クオリティが加速していくと思います。

個人のSNSも徐々に発信クオリティが向上し、テキストや写真がメインのものからデザインされた画像や動画などが増えています。

フリーランスや複業をしている人はとくに、発信のクオリティアップのために簡単なデザイン&動画編集の知識とスキルを身につけるのがおすすめです。

これから重要になる4つのデジタルスキル

文章で伝えるライティングスキル

ビジュアルで伝えるデザインの知識とスキル

動画で伝える構成力と編集スキル

WEB上の市場を知り導線を作るメディア運営スキル

 

コンプリートプランは、この内のデザインと動画の知識やスキルを高めるために有効です。

つく蔵

わたしたちも常時6つ以上のアプリを使っているよ!

 

時代の変化とともに、求められるスキルも変わります。

1つのツールの基礎が身につけば、自ずとほかのアプリとも併用して表現の幅を広げたいと思うようになるので、コンプリートプランはコスパが良くてありがたい!

Adobe Creative Cloud
各アプリが連動して使えるので、マーケティングに必要なデザインや動画広告の作成などコンプリートプランで網羅できます!

 

Adobe Creative Cloud

Adobe Creative Cloudのその他の特徴

workspace computer graphic design

アプリケーションだけでなく様々なクリエイティブ機能がある。

ライブラリ(クラウド)機能があるのでデバイス間で共有が簡単

Adobe Fontsで15000以上の様々なフォントを無料で使用できる

コンプリートプラン、単体プランなら100GBのストレージが付いてくる

モバイルアプリが充実

無料のフォントやモバイルアプリはかなり便利で、制作スピードやクオリティに直結するありがたい機能です!

でも、コンプリートプランって高すぎるわよね!

うむ子

つく蔵

ほぼ半額でスタートできる裏技があるんだよ!
申し込むわ!

うむ子

コンプリートプランのメリットとデメリット

どんなものでも、特性や自分との相性があります。自分に合ったものでなければ、いずれ使わなくなってしまいます。

メリットとデメリットを理解したうえで、自分のワークスタイルに合っているか検討することをおすすめします。

メリット

個人でマーケティングをする場合に様々な用途で使える

クリエイティブを仕事にしたい人にはコスパがいい

アプリ同士の連携ができるので表現の幅が広がりやすい

知識、スキルが広がるため、仕事の幅につながる

 

デメリット

月額が高い

プロ仕様のためハードルが高い

パソコン環境を選ぶ

 

導入を迷っている方の多くは、

・自分に使いこなせるのか?

・月額が高い!

という点が気になるところではないかと思います。

迷っている人は以下の3点を考えてみると、単体プランが良いのか、それともコンプリートプランが良いのか、考えがまとまるのではないかと思います。

仕様頻度

1ヶ月にどれぐらいの時間を割いてスキルを身につけることができるのか、また、スキルを身につけた後はどんなペースで仕事やマーケティングに使うのか。

 

仕様用途

仕事、マーケティング、SNS運用、趣味も含め、どんなことに使いたいのか。また今後どんなことに挑戦してみたいか。

 

投資額の回収プラン

使用料を回収するまでの期間、ステップ、方法などを考えてみる。

仕事なのか、趣味なのかというところが判断ポイントになるのではないかと思います。

それでも迷う方は自分のやりたいことを考えつつ、まずは使ってみたいアプリに集中して、途中でプラン変更をするのもありだと思います。

アカデミック版(学割)でAdobe Creative Cloudがほぼ半額?!

沢山の機能を使う方にとっては月額5680円でも安いと感じますが(アプリ3つ使う人には、各アプリを別々に使うより断然お得)、初めてチャレンジする人にとってはちょっと高いと感じるかもしれません。

そんな方は学割プランの利用もおすすめです。

学生の場合、学生証など在学を証明できるものがあれば最大65%OFFで導入できます。

学生で検討中の方はAdobeの公式サイトからそのまま申し込めます。

Adobe Creative Cloud

現在学生ではない大人でも学割適用の方法があります!

Adobeスクールパートナープログラムを活用しよう

Adobeが提携しているオンラインスクールを受講することで、1年間約半額でコンプリートプランを使用できます

オンラインで学べるスクールの講座+クリエイティブクラウド1年間の使用料金を合わせて、通常料金の約半額程度という意味です!

 

ソフトを初めて使う人にとっては、基本的な使用方法が学べるうえに、格安でコンプリートプランを使えるので、ぜひ活用してみてください。

Adobeのソフトは基本的にシリアルコードを購入して使用します。

大人の学割は、講座料金に1年間使用できるシリアルコードがついてきて、通常価格より割安で利用できるというものです。

 

大人が学割使用できるオンラインスクール

ヒューマンアカデミー たのまな アドビソフトウェア通信

デジハリオンライン

ヒューマンアカデミー「たのまな」とデジハリオンライン比較

ヒューマンアカデミー

「たのまな」

6/30まで学習応援キャンペーン

デジハリオンライン
学べるソフト
Illustrator
Photoshop
Premiere Pro
After Effects
Dreamweaver
Flash
InDesign
Fireworks
Adobe XD
Lightroom
Illustrator
Photoshop
After Effects
Premiere Pro
Dreamweaver
Flash
教材内容Adobe Creative Cloud 12ヶ月ライセンス

動画教材 67時間

PDFテキスト

Adobe Creative Cloud 12ヶ月ライセンス

動画教材 63時間

サポート
課題トレーニング
1ヶ月メール質問サポート
3ヶ月サポート
課題添削

※教材内容に変更がある場合があるので、ご確認ください。
基本を知りたい感覚派はデジハリ、テキスト教材もあってしっかり身につけたい派は「たのまな」がよさそうね!

うむ子

つく蔵

学割だけが目的なら、もちろんオンライン講座は受講してもしなくてもどちらでもOK!

申し込みの際に自動更新にしておくと、2年目からは定価で引き落としになるのでお気をつけください。更新時にもう一度講座を申し込んで毎年学割価格で使用している人も多いようです。

他にもお徳に買える方法がある

Adobe公式サイトやAmazonなどで期間限定のキャンペーンをときどき開催しています。

価格は気にしないし、面倒なのは苦手という方は、こちらのAdobe公式サイトからシンプルに申し込みができます。

Adobe Creative Cloud
必要と感じたタイミングでスタートを切る思い切りもフリーランスには重要だと思い、個人的には通常価格ではじめました。

Adobe Creative Cloud

発信のスピード感がますます求められる今、外注だけに頼っていると、日常的な発信のクオリティを上げることはできません。

フリーランス、複業に関わらずどんな業種にとってもクリエイティブスキルは重要になってくると思います。

基本的なクリエイティブスキルは自分で習得する!これからの時代はそんなスタンダードがやってくるかもしれません。

おすすめ記事

Photoshopとは?独学1週間で簡単にできる10のこと【初心者】Photoshopとは?独学1週間で簡単にできる10のこと Pr booksPremiere Proで動画編集を独学で始めるときにおすすめの本3選 Ae booksAfter Effectsを独学で始めるときにおすすめの本5選